産後の薄毛の正しいシャンプー方法

■シャンプー法を見直すことが薄毛予防に繋がる

女性の薄毛を予防し美しい髪の毛をキープするためには頭皮の健康を常に保つ必要があります。髪は頭皮から生えてくるものですから髪の毛のケアだけではダメです。地肌をいたわってあげて初めて抜け毛や薄毛を予防しきれいな髪の毛を育てます。そのためには日頃から行うシャンプーを変えるだけでも抜け毛薄毛予防をすることができます。今回はそんな正しいシャンプーについて解説していきます。

■正しくシャンプーをするためのポイント

2度洗いが基本

頭皮を健康に保つためには2度洗いのシャンプーが基本となります。しかし2回ともガシガシ洗うのではなく1度目は表面の汚れや整髪料を軽く落とす程度です。そして2度目に真剣に洗っていきます。

1度目 しっかりと湯洗いし、泡立てます。これで終了です。

2度目 しっかり一度目のシャンプー剤を流したら今度はその半分の量のシャンプー剤を手に取りよく泡立てて指の腹を使いながら指圧マッサージをするように洗っていきます。これで終了です。その後良く洗い流します。

顔を洗うようにやさしい指使いで

頭皮を洗う際は爪をたててガシガシ洗ってしまうとかえって頭皮を傷つけてしまいます。その傷口からシャンプーの刺激成分が侵入し頭皮の荒れにつながり抜け毛原因となるのでNGです。しっかり泡立てたあとは指の腹を使いマッサージをするイメージで優しく洗っていきます。

洗う方向は下から上に

下から上に向かって洗うことも大切です。美容院でシャンプーをしたことがある人がほとんどだとおみますが、まずはサイド方向から始まりますよね。サイドはつまり自分で洗っていると下方向になります。このほうが洗い漏れがなく隅々まで頭皮を洗うことができます。
また流しは頭頂部からサイドやバックと流していくとすすぎ残しがありません。

洗髪は1 日1回がベスト

頭皮は洗いすぎてもダメです。なぜならば一日に数回シャンプーをしてしまうと皮脂を過剰にとりすぎてしまい乾燥肌なり外部からの刺激を直接受けてしまいます。また皮膚が皮脂量が足りていないと判断し余計に大量の皮脂を分泌させてしまうおそれがあります。それが影響して抜け毛薄毛を発症してしまう可能性があります。

シャンプー選びも慎重に

正しくシャンプーをしているのにあまり効果を感じられない場合は使っているシャンプー剤の成分が自分の地肌にあっていないかもしれません。特に市販のシャンプーに使用されている洗浄成分は石油系で刺激性の高いものが多く敏感肌や乾燥肌の人には向いていません。そのためシャンプー選びも大切になってきます。地肌が敏感な方はアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

■シャンプー後の仕上げにも気をつけて
水分を拭き取らない状態での自然乾燥は NG

髪の毛を自然乾燥で乾かす人は多いと思いますが、一昔前まではドライヤーを使うことで髪がダメージするといわれていましたが、今はその情報は間違いです。なぜならば自然乾燥にしてしまうことが余計に髪や頭皮から水分のを乾燥させてしまいオーバードライになってしまうのです。そのせいで髪や頭皮の保湿力が低下しダメージの原因になります。

また暑い季節や湿気の多い季節は特に髪が長いと乾きが遅くなるため雑菌やカビなどの繁殖の原因となってしまいます。

タオルドライとドライヤー

良くタオルドライをします。タオルドライで60%の水分をとることができます。その後根元を乾かすようにドライヤーをあてていきます。根元に風を送れば自然と毛先にその風は抜けていき髪が乾きます。

まとめ

このようにシャンプーの仕方や選び方、乾かし方で女性の抜け毛、薄毛を防ぐことができます。

女性の脱毛症の種類

産後脱毛症とは

産後の脱毛症とは、産後すぐに髪の毛が抜け落ちてしまうことをいいます。

人によってなのですがかなりの本数抜ける人や前髪だけ抜けたり、頭部全体が薄くなってしまったりと症状の出方としては人それぞれです。

この産後の脱毛症とは出産経験者の役4割から6割くらいの比率で起きる可能性があり、産後の脱毛症があるということをわかっていても、ほとんどの人がショックを受けてしまい、このまま生えてこないのではないかと極度に心配してしまう人も多くいます。

しかし極度に心配しすぎると別の脱毛症に移行してしまったり、普通ならば半年から1年くらいで回復してしまうものもストレスなどが原因で自律神経の乱れを引き起こしてしまい先ほども言ったように別の脱毛症に移行してしまう可能性の高い脱毛症の一種です。

と言っても放っておけば大半の方は自然に治っていきますので、あまり心配のしすぎはよくありません。

脂漏性脱毛症

脂漏生脱毛症とは、頭皮の皮脂が過剰に分泌してしまい、それを餌として常在菌や雑菌や真菌が頭皮の中で異常繁殖し、頭皮が酷く炎症してしまい抜け毛が発生するものです。

産後で女性ホルモンが変化し体質が変わってしまうことがよくありますが、その体質の変化によって今までなんともなかった頭皮が異常にベタベタしたり、ニオイが発生することがあります。

それは脂漏性脱毛症の可能性があるため、もしこのような症状が出た場合、無理に1日に何回もシャンプーをしないことをお勧めします。

おそらくベタつきやニオイが気になり、何度もシャンプーをしてしまう方もいますが、かえって逆効果を招く結果になるため、注意が必要です。

とは言っても、頭皮環境は良くないため、薬用シャンプーなどで頭皮環境を整える必要があります。

仮に頭皮が荒れてしまった場合は、直ぐに皮膚科で相談して治療をしていくことが大切です。

女性性男性型脱毛症FAGA

こちらも女性に起こりやすく、とくに最近増加傾向にある男性型脱毛症の女性版です。
通常男性の脱毛症は男性ホルモンの中の悪玉が原因で脱毛に至ります。
そしてこの男性ホルモンは、実は女性も持っているということをご存知でしたか?

通常ならば女性ホルモンと男性ホルモンは性別が関係なく保有しており、女性ならば女性ホルモンが優勢です。

しかし、出産や加齢、ストレスで女性ホルモン値が減少して女性ホルモンの優位性が男性ホルモンに近ずいた時に男性と似たような脱毛症になってしまいます。

男性型脱毛症は局部的に髪の毛が全くなくなるものでしたね?それと同じような現象が起きる可能性があります。

この場合女性ホルモン値を上げるような努力が必要です。

産後の抜け毛はまた頭皮が敏感になっていることもあるので気になる人は皮膚科医が開発した育毛剤を使ってみると良い結果を得られるかもしれません。

皮膚科医開発ミューノアージュ育毛剤詳細

産後脱毛症の原因と期間

女性が妊娠し出産にいたるまでに、女性の体の中の女性ホルモンのバランスが一方の女性ホルモンに偏ります。
女性ホルモンには2種類のホルモンから形成されています。

一つは女性らしさを際立てせる卵胞ホルモン(エストロゲン)もう一つは妊娠をするための黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

通常はこのホルモンらがバランスをとりながら分泌しているのですが、妊娠中はこの女性ホルモンのバランスが妊娠を続ける作用のある黄体ホルモンに偏るため、卵胞ホルモンは少々おやすみしている事になります。

卵胞ホルモンは女性らしさに関係してくる髪の毛のヘアサイクルもつかさどるため、卵胞ホルモンがおやすみということは、頭皮にある髪の毛のヘアサイクルも休止期になっている髪の毛が増えてしまいます。

そして出産を無事に終えることで今まで休んでいた卵胞ホルモンの分泌が活発になり、女性ホルモンのバランスを戻そうと、急激に分泌し始めます。

卵胞ホルモンが活発になるということはヘアサイクルが再び活動を始めるため、休止していた抜ける予定の髪の毛がごっそりと一気に抜けてしまいます。

ですので、この卵胞ホルモンの急激な分泌こそが産後の抜け毛の原因となってしまうのです。

産後脱毛症の期間

産後の抜け毛が治る目安の期間として半年から1年くらいがおおよその目安です。
とはいうものの、この期間というのは赤ちゃんの夜泣きや初めてのお子さんの場合育児になれないこともあって、かなりのストレスを感じてしまう時期でもありますよね。

そして、そのストレスが産後脱毛症の治りを遅らせてしまう原因となってしまうのです。

ストレスというのは自律神経の働きを鈍らせてしまいます。自律神経は体の血流や呼吸など普段人が意識しない部分の活動を担っている神経系統ですが、この神経系統が乱れることで頭皮への血流が鈍くなったりしてしまいます。

血流には頭皮の毛髪に必要な栄養分を運んでくれるため、この流れが鈍るということは、毛髪が弱ってしまい抜け毛が発生してしまいます。

この原理は円形脱毛症の原理と似ています。

また、円形脱毛症ではないにしても、女性特有のびまん性脱毛症の可能性も出てきます。

というわけで産後の抜け毛が他の脱毛症に移行しないためにも、ご主人であったり自分の親などに育児に協力してもらうことも大切かもしれませんね。

産後7ヵ月が経ちました

一般的には半年から一年くらいで産後の抜け毛は落ち着くと言われていますが、あくまで一般的にはです。産後の抜け毛は個人差もかなり関係してくるので一概に半年や一年で回復しますとは断言できません。

個人差というのは子供が生まれて直ぐに抜け毛が発症してしまったり、産後3ヶ月目で抜け毛が発症してしまったり、遅い人だと半年後に抜け毛が発生したという方もいます。

ですので一概にいつからいつまでというのは断言しづらいのが本当のところではないでしょうか。

産後の抜け毛が関係しているのは女性ホルモンのバランスだということを説明していますが、まさにそのバランスが戻るスピードや戻り始めというのには個人差があります。

抜け毛が発生しているときは精神的にキツいかもしれませんが、ここは我慢して気長に待ってみるか、一度産科医に相談してみるのも良いのではないでしょうか。

産後脱毛症の治療法

まず、産後脱毛症の治療方法について、産後脱毛症は放っておけば自然に治癒していきます。だいたいですが、半年から一年では元のように戻ると言われています。
しかし稀に戻りが遅くなる場合があります。もしくは元通りに戻らなかったり、髪質が変化したりすることもあります。

この場合他の脱毛症も疑ったほうが良いかもしれません。他の脱毛症と併発しているがために元の髪の毛に戻らなかったり、今よりもさらに酷くなっていく可能性があります。

産後脱毛症の併発する可能性のある脱毛症のは言ってみれば脱毛症のの2時被害的な部分もあるので、産後の頭皮ケアも欠かすことができません。

産後の頭皮ケアとは、シャンプーの回数を減らしたり、頭皮マッサージなどをして、頭皮の血流を促進させたり、髪の毛に良いとされる食べ物や栄養素をとり、しっかりと睡眠を取ってあげることが重要です。

それでも治らない場合、半年以上経っているが、発毛が見られない、少しの改善もない場合は育毛サロンや育毛剤を使用して頭皮を活性し発毛や育毛を促すことが必要になってきます。

産後の抜け毛が無くても要注意

産後の抜け毛がない人

産後の抜け毛というのは5割程度だと言われていますが、もちろん産後の抜け毛が発生しない人もいるわけです。

おそらくそういう人って女性ホルモンがほかの女性よりも多いのかもしれませんね。はっきりとはわかりませんが・・・・。

でも、産後の抜け毛を知っている方ならばおそらくいつ抜け毛が起きるのだろうと、不安でしょうがないのではないのでしょうか?産後の抜け毛は個人差がある為、抜け毛が起きるかもしれませんし、起きないかもしれません。

産後の抜け毛が起きなかったのはラッキーですが、もう髪の毛が抜けないであろう期間をすぎるまでは、髪の毛が抜けない人でもいつかいつかと不安になると思います。

ですので、精神的には抜ける人も抜けない人もフェアではないでしょうか。

産後の抜け毛が止まらないという方へ

産後の抜け毛が激しい方もいるようですね。そして産後の抜け毛がいつまで経っても止まらない方もいるようです。でもその抜け毛がいつまでも続くとも考えにくいのは確かです。

産後の抜け毛は1年以上続くことはものすごく希で、もしかしたらほかの原因が抜け毛の原因となっている可能性もありますよね?

例えば育児によるストレス、時間のない日々を過ごすのでストレスはつきものですよね。それによって円形脱毛症に移行することも考えられます。

そして自分に時間をかけられない為、頭皮ケアが不十分で頭皮環境が荒れている可能性も考えられます。

頭皮はベタついてませんか?痒くないですか?臭くないですか?

これも頭皮湿疹から抜け毛へ発展していく可能性のあることです。

産後の抜け毛からほかの脱毛症に移行するのは珍しいことではないため、心当たりのある事は改善していくことをオススメします。

また産後の抜け毛薄毛には女性用育毛剤が効果的です。

女性用育毛剤で産後の抜け毛予防