産後の薄毛の正しいシャンプー方法

■シャンプー法を見直すことが薄毛予防に繋がる

女性の薄毛を予防し美しい髪の毛をキープするためには頭皮の健康を常に保つ必要があります。髪は頭皮から生えてくるものですから髪の毛のケアだけではダメです。地肌をいたわってあげて初めて抜け毛や薄毛を予防しきれいな髪の毛を育てます。そのためには日頃から行うシャンプーを変えるだけでも抜け毛薄毛予防をすることができます。今回はそんな正しいシャンプーについて解説していきます。

■正しくシャンプーをするためのポイント

2度洗いが基本

頭皮を健康に保つためには2度洗いのシャンプーが基本となります。しかし2回ともガシガシ洗うのではなく1度目は表面の汚れや整髪料を軽く落とす程度です。そして2度目に真剣に洗っていきます。

1度目 しっかりと湯洗いし、泡立てます。これで終了です。

2度目 しっかり一度目のシャンプー剤を流したら今度はその半分の量のシャンプー剤を手に取りよく泡立てて指の腹を使いながら指圧マッサージをするように洗っていきます。これで終了です。その後良く洗い流します。

顔を洗うようにやさしい指使いで

頭皮を洗う際は爪をたててガシガシ洗ってしまうとかえって頭皮を傷つけてしまいます。その傷口からシャンプーの刺激成分が侵入し頭皮の荒れにつながり抜け毛原因となるのでNGです。しっかり泡立てたあとは指の腹を使いマッサージをするイメージで優しく洗っていきます。

洗う方向は下から上に

下から上に向かって洗うことも大切です。美容院でシャンプーをしたことがある人がほとんどだとおみますが、まずはサイド方向から始まりますよね。サイドはつまり自分で洗っていると下方向になります。このほうが洗い漏れがなく隅々まで頭皮を洗うことができます。
また流しは頭頂部からサイドやバックと流していくとすすぎ残しがありません。

洗髪は1 日1回がベスト

頭皮は洗いすぎてもダメです。なぜならば一日に数回シャンプーをしてしまうと皮脂を過剰にとりすぎてしまい乾燥肌なり外部からの刺激を直接受けてしまいます。また皮膚が皮脂量が足りていないと判断し余計に大量の皮脂を分泌させてしまうおそれがあります。それが影響して抜け毛薄毛を発症してしまう可能性があります。

シャンプー選びも慎重に

正しくシャンプーをしているのにあまり効果を感じられない場合は使っているシャンプー剤の成分が自分の地肌にあっていないかもしれません。特に市販のシャンプーに使用されている洗浄成分は石油系で刺激性の高いものが多く敏感肌や乾燥肌の人には向いていません。そのためシャンプー選びも大切になってきます。地肌が敏感な方はアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

■シャンプー後の仕上げにも気をつけて
水分を拭き取らない状態での自然乾燥は NG

髪の毛を自然乾燥で乾かす人は多いと思いますが、一昔前まではドライヤーを使うことで髪がダメージするといわれていましたが、今はその情報は間違いです。なぜならば自然乾燥にしてしまうことが余計に髪や頭皮から水分のを乾燥させてしまいオーバードライになってしまうのです。そのせいで髪や頭皮の保湿力が低下しダメージの原因になります。

また暑い季節や湿気の多い季節は特に髪が長いと乾きが遅くなるため雑菌やカビなどの繁殖の原因となってしまいます。

タオルドライとドライヤー

良くタオルドライをします。タオルドライで60%の水分をとることができます。その後根元を乾かすようにドライヤーをあてていきます。根元に風を送れば自然と毛先にその風は抜けていき髪が乾きます。

まとめ

このようにシャンプーの仕方や選び方、乾かし方で女性の抜け毛、薄毛を防ぐことができます。