産後脱毛症の原因と期間

女性が妊娠し出産にいたるまでに、女性の体の中の女性ホルモンのバランスが一方の女性ホルモンに偏ります。
女性ホルモンには2種類のホルモンから形成されています。

一つは女性らしさを際立てせる卵胞ホルモン(エストロゲン)もう一つは妊娠をするための黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

通常はこのホルモンらがバランスをとりながら分泌しているのですが、妊娠中はこの女性ホルモンのバランスが妊娠を続ける作用のある黄体ホルモンに偏るため、卵胞ホルモンは少々おやすみしている事になります。

卵胞ホルモンは女性らしさに関係してくる髪の毛のヘアサイクルもつかさどるため、卵胞ホルモンがおやすみということは、頭皮にある髪の毛のヘアサイクルも休止期になっている髪の毛が増えてしまいます。

そして出産を無事に終えることで今まで休んでいた卵胞ホルモンの分泌が活発になり、女性ホルモンのバランスを戻そうと、急激に分泌し始めます。

卵胞ホルモンが活発になるということはヘアサイクルが再び活動を始めるため、休止していた抜ける予定の髪の毛がごっそりと一気に抜けてしまいます。

ですので、この卵胞ホルモンの急激な分泌こそが産後の抜け毛の原因となってしまうのです。

産後脱毛症の期間

産後の抜け毛が治る目安の期間として半年から1年くらいがおおよその目安です。
とはいうものの、この期間というのは赤ちゃんの夜泣きや初めてのお子さんの場合育児になれないこともあって、かなりのストレスを感じてしまう時期でもありますよね。

そして、そのストレスが産後脱毛症の治りを遅らせてしまう原因となってしまうのです。

ストレスというのは自律神経の働きを鈍らせてしまいます。自律神経は体の血流や呼吸など普段人が意識しない部分の活動を担っている神経系統ですが、この神経系統が乱れることで頭皮への血流が鈍くなったりしてしまいます。

血流には頭皮の毛髪に必要な栄養分を運んでくれるため、この流れが鈍るということは、毛髪が弱ってしまい抜け毛が発生してしまいます。

この原理は円形脱毛症の原理と似ています。

また、円形脱毛症ではないにしても、女性特有のびまん性脱毛症の可能性も出てきます。

というわけで産後の抜け毛が他の脱毛症に移行しないためにも、ご主人であったり自分の親などに育児に協力してもらうことも大切かもしれませんね。